ゲーム実況推薦のコンデンサーマイク

2017年11月30日
  • ゲーム実況をする際に必要なマイクで、軽く身動きがとりやすいコンデンサーマイクを紹介します。

    コンデンサーマイクとは

    コンデンサーマイクは空間を含めたワイドレンジかつ繊細な音質を求めるレコーディングやラジオの収録などのに多く使われているマイクで、ファンタム電源という専用の電源を必要とします。衝撃や湿度に弱く、どちらかと言えばプロ仕様のマイクと言った方が早いかもしれません。

    ただ、ゲーム実況・ビデオチャットなどにおいては、ヘッドセットマイクやグースネックマイク型のマイクなど、ゲーミング専用でダイナミックマイクより扱いやすいマイクもよく見かけるようになり。コンデンサーマイクの良さをちゃんと理解すれば、高音質でのゲーム実況を可能になります。

    ※通常、音楽などのレコーディングにおいては、専用マイクスタンドに固定する卵状の高価なコンデンサーマイクを使います。ゲーム実況においては、あくまでもヘッドセット型をメインに紹介しますのでレコーディングでのマイク選びではない事を予めご理解ください。

    コンデンサーマイクが向いている人

    • 身動きがとりやすいヘッドセットを希望
    • 高音質で録音したい
    • USB接続したい
    • ヘッドフォンと一体型がいい
    • オーディオインターフェイスはいらない

    コンデンサーマイクのメリット

    • ゲーム実況においてはヘッドセット型が多く流通
    • 高域の伸びがよく高音質で録音可能
    • USB接続でオーディオインターフェイスがいらない製品あり
    • ヘッドフォンとのセット製品あり
    • ワイヤレス環境を作れば身軽に動きまわれる
    • かなり高額なプロ仕様のマイクもある

    コンデンサーマイクのデメリット

    • ファンタム電源が必要(USB供給可)
    • USB接続の場合、音量調整が難しい(音割れが多い)
    • 湿度や衝撃に弱い
    • 比較的値段が高い

    キングストン ゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud II KHX-HSCP-GM

    ゲーム実況に向いているコンデンサーマイクのひとつで、キングストン ゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud II KHX-HSCP-GMがあります。ゲーム業界ではかなり有名な製品ですが、コンデンサーマイクの特性を活かしたクリアなボイスチャットを実現しながら、DSPが内蔵されバーチャル7.1chサラウンド搭載し、大迫力のゲームサウンドに包まれながら、躍動感のあるゲーム実況が可能になります。

    キングストン ゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud II KHX-HSCP-GM ガンメタル/ブラック 7.1バーチャルサラウンドサウンド対応 USBオーディオコントロールボックス付属 2年保証
    価格:10000円前後~

    Creative Sound BlasterX P5 インナーイヤー イヤホン ゲーミング ヘッドセット SBX-P5

    ゲーム実況に向いているコンデンサーマイクのひとつで、Creative Sound BlasterX P5 インナーイヤー イヤホン ゲーミング ヘッドセット SBX-P5は、ヘッドフォンの重圧が苦手な方にはピッタリなイヤホンタイプのヘッドセットになります。約12gと軽量ながら早く優れたレスポンスのサウンドを実現、高性能インラインマイクも搭載した、インナーイヤータイプのゲーミングヘッドセットです。インラインマイクにはマイクのミュートボタンも備え、ヘッドセットマイクミュートのオン/オフを素早くコントロールすることができます。

    Creative Sound BlasterX P5 インナーイヤー イヤホン ゲーミング ヘッドセット SBX-P5
    価格:4000円前後~

    まとめ

    コンデンサータイプのヘッドセットは上記に限らず多くのメーカーからゲーミング専用として販売されていますの、是非検索してみてください。個人的にはダイナミックマイクが好きなのですが・・・。



    【関連記事】