ゲーム実況推薦のダイナミックマイク

2017年11月29日
  • ゲーム実況の録音にはダイナミックマイクがおすすめです。今回はゲーム実況に向いているダイナミックマイクを紹介します。

    ダイナミックマイクとは

    ダイナミックマイクを簡単に説明すると近い音の録音に向いているマイクです。主にライブやMC、もちろんゲーム実況などです。比較的湿度に強く、様々な環境で歌うライブや司会者やゲーム実況などの人の声の録音には最適なマイクになります。

    ダイナミックマイクは単一指向性といって、マイクの目の前にある近い距離で発生する音を録る事に向いていますので、キーボードなどの環境音を拾いにくく、編集などもしやすい特性があります。

    ゲーム実況といえば、卓上スタンド型のグースネックマイクや、ヘッドセットなど配置に困らず小型で扱いやすいコンデンサーマイクがありますが、今回はよりハイクオリティな躍動感あふれる実況を録音するという趣旨で記事を書いていますので今回は割愛します。コンデンサーマイクについてはまた別の記事でご紹介します。

    ダイナミックマイクは比較的安価で購入する事ができ、3000円程度のマイクでも十分いい音で録音できます。

    ダイナミックマイクが向いている人

    • ヘッドセットマイクなどの音質が気に入らない
    • キーボードなどの環境音が入りすぎて困っている
    • もっとライブ感が欲しい
    • 音にこだわりたい
    • デスクに座って実況する人
    • 大声の音割れが気になる人

    ダイナミックマイクのメリット

    • 躍動感が伝わる
    • 安価で手に入る
    • キーボードなどの環境音が混ざりにくい
    • 多少乱雑に扱っても壊れない
    • 電源供給の必要がない
    • キャラクターの個性がはっきり録れる
    • 低域にパワーが出る

    ダイナミックマイクのデメリット

    • 卓上スタンドが必須で起き場所が限られる
    • 比較的重い
    • マイクに近い一定の距離を保たなければならない
    • コンデンサーマイクと比べで音のレンジが狭い
    • オーディオインターフェイスが必要

    【1】BEHRINGER Ultravoice XM8500

    ゲーム実況に向いているダイナミックマイクその1は、BEHRINGER ( ベリンガー ) のUltravoice XM8500です。BEHRINGER社の音響機器は比較的安価に手に入れる事ができながら、使い方によってはプロ同様のクオリティーを出す事が可能です。そこまでクセが強くないので素直な音で録音する事ができます。ゲーム実況であればこれで十分だと思います。

    BEHRINGER XM8500
    価格:2000円前後

    ※卓上マイクスタンドをお忘れなく(最下段でご紹介)

    【2】SHURE BETA58

    ゲーム実況に向いているダイナミックマイクその2は、SHURE BETA58です。SHUREのマイクはミュージシャンなら知らない人はいないほどメジャーなマイクでほぼ全てのライブハウスで常備されています。値段が1万円台になるので、少し勇気がいりますが、まず買って後悔する事はないでしょうし音質は太鼓判です。躍動感+プロ仕様のゲーム実況録音が楽しめます。

    SHURE ダイナミックマイク BETA 58A BETA 58A-X 【国内正規品】
    価格:15000円前後

    ※卓上マイクスタンドをお忘れなく(最下段でご紹介)

    【3】SHURE PGA58-XLR

    ゲーム実況に向いているダイナミックマイクその3は、SHURE PGA58-XLRです。上記に同じくSHUREのマイクですが、比較的リーズナブルな価格帯でSHUREのマイクが手に入ります。SHUREが欲しいけど安価なものが欲しい方におススメです。

    SHURE ダイナミックマイク ボーカル用 XLRケーブル付属 PGA58-XLR 【国内正規品】
    価格:5000円前後

    ダイナミックマイク以外に必要なもの

    ダイナミックマイクを使う場合、マイクを使うケーブルと卓上マイクスタンド、そしてオーディオインターフェイスが必要になります。

    卓上マイクスタンド

    KC 卓上マイクスタンド MDS-1500/BK ブラック (マイクホルダー付)
    通常の直立スタンドで、多少の高さ調整が可能です。

    KC グースネック 卓上マイクスタンド ブラック MDS-3/BK
    グースネックなので起き場所がある程度自由になり、顔の横からマイクを向ける事が可能になります。

    マイクケーブル

    invavo XLRケーブル 3M(メス-オス)XLRマイクケーブル マイク用またはプロ録音用 Mixing
    少し離れたところにオーディオインターフェイスがあるなら3mのマイクケーブルがおすすめです。
    ※長さは色々あります。

    UGREEN XLR ケーブル マイクケーブル オス-メス 3ピン ブラック 2m
    近い場所にオーディオインターフェイスがあるなら2m程度のケーブルがおすすめです。
    ※長さは色々あります。

    オーディオインターフェイス

    私が使っているおススメのオーディオインターフェイスUS-322の後継機です。

    TASCAM オーディオ/MIDIインターフェース US-2X2-SN
    価格:13000円前後

    まとめ

    顔や体を自由に動かしながらゲーム実況をする人には不向きですが、よりライブ感のある音質で声を本格的に録音したい方におすすめのマイクと言えます。別にコンデンサーマイクの記事も書きますので自分にあったマイクを選んでください。



    【関連記事】